プロジェクターは明るさが重要

プロジェクターとは、モニター画像をスクリーンまたは、壁に映写する機器のことです。主に家庭向けのホームシアター用やビジネス向けのプレゼンテーション用などに使用されます。かつては、高価なものであったのでビジネス用では、社内に数台あり、それを共用してましたが、低価格、プレゼン用として優れていることから会議室に1つ設置されているようになっています。また、小型化も進んでいるため、営業担当などは1人が1台持っているという会社もあり、重要なビジネスツールとなっている。
プロジェクターとは、今やビジネスシーンでは効率的に仕事を行うために必須なパソコンの外部機器となっています。
プロジェクターを選ぶ際に重要なことは映し出される明るさです。光を出して表示させるため、室内の明るさが見やすさ
に影響します。プロジェクターの明るさはルーメン(lm)という単位で表し、数値が大きいほど能力が高く、部屋を暗くしなくても見やすいということになります。
ホームシアター用途では基本的に部屋を暗くして見るので、それほど関係ないかもしれませんが、ビジネス用途では、そこで資料を見ながら、実物を見ながら、ホワイトボードに議事をとりながら進めるので明るさは重要になってきます。一般的には、3000ml以上なら部屋を暗くしなくても見ることができると言われています。
ただし、明るさが高い製品は、サイズも大きくなりますし、消費電力も高く、ファンの騒音も大きくなります。そして高額になってきますので、部屋サイズや持ち運び有無などを考えることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です